AKHOME

empty空き家・空き地について

  • ホーム>
  • 空き家・空き地について

所有する空き家・空き地でお困りの方へ

空き家・空き地は、上手く活用できなければ無用の長物です。
所有しているだけで税金はかかり、放置していた空き家・空き地に何かトラブルが起これば、責任問題に発展してしまう可能性もあります。
こちらのページでは、福津市にて不動産売却・買取を行う株式会社AKHOMEが、空き家・空き地の問題や解決策についてご説明します。
所有する空き家・空き地でお困りの方はぜひご参考にしてください。

こんなお困りごとはないですか

こんなお困りごとはないですか

  • 管理できていない空き家がある
  • 空き地を放置している
  • 長年空き家を管理していなかったから、かなり老朽化してしまった
  • 空き家・空き地の管理方法がよくわからない
  • 所有していても税金をとられるばかりなので、早急に手放したい
  • 「特定空き家」について耳にしたがよくわからない……

このようなお困りごと・お悩みがおありなら、まずは弊社にお気軽にご相談ください。弊社は、長年、地域密着で不動産取引を行っており、数多くの不動産取引の経験と実績があります。空き家・空き地の管理や、売却、その他活用方法についても熟知していますので、お困りごとがある方はどうぞお気軽にご相談ください。

空き家・空き地の問題

空き家・空き地の問題

もし親が家やマンションを所有しているなら、いずれはあなたが相続する日がきます。その時には、あなた自身が空き家問題に直面することになるかもしれません。空き家問題は誰にでも起こりえる身近な問題であり、けっして他人事ではないのです。

空き家は、都市部も含め日本全国で社会的な問題となっています。総務省統計局は、5年ごとに住宅・土地の統計調査を公表しており、平成30年の調査では全国の空き家率は13.6%。空き家率は全国的に増加の一途であり、今後もますます増加することがわかっています。

そもそも空き家とは?

国道交通省によると「空き家」の定義は、「過去1年以上住んでいない家」になります。また、空き家は以下のような4つに分類され、これらの中で特に問題となっているのが「その他」の空き家です。

1. 二次的住宅(常時住んでいないが使っている)
2. 賃貸用住宅(貸したいのに借り手がいない)
3. 売却用住宅(売りたいのに買い手がいない)
4. その他(用途がなく使われていないか分類不能)

空き家対策は進む一方、空き地対策は手つかず

空き家対策は進む一方、空き地対策は手つかず

空き家の問題が明確化した今、さまざまな自治体が対策に乗り出しています。例えば、空き家バンクなどを通じて空き家の情報を公開し、需給のマッチングを行う取り組みをしている自治体は多く、古民家を改修してカフェや民泊として活用しているケースは数多くあります。

一方で、空き地については、適切な対策をとっている自治体は少ないのが現状です。空き家問題に特化した法律「空き家対策特別措置法」が2015年に施行され、問題のある空き家は行政の介入が行われていますが、空き地についての国の施策はありません。自治体の中には、空き地所有者に対し適正な管理を促す空き地管理条例を定めているところもありますが、そのような自治体は少なく、空き地の管理について危機感を感じている状況はまだ見受けられません。空き家に対して空き地の対策が進んでいないのは、景観・治安の悪化といった二次トラブルが及びにくいといったことも関係している可能性があります。

空き家を放置することのデメリット

空き家を放置することのデメリット

デメリット1 景観・治安の悪化

庭木や雑草が生え放題で、ポストから郵便物が溢れている建物は、誰の目から見ても空き家だとわかります。そのような場所は犯罪の温床になりやすく、ゴミや廃棄物を不法投棄されたり、不法侵入していたずらや窃盗をされたり、さらに放火の被害にあったりするリスクなどが高まります。もし被害に遭った場合、処分や修繕はすべて所有者が自己負担で行わなければなりません。

また、荒れ果てた庭に生ごみが不法投棄されれば、害虫や異臭が発生することもありますし、放火の被害が近隣に及んだりすることもあるでしょう。それがご近所トラブルに発展してしまうこともあります。

デメリット2 資産価値の低下

長い年月放置された建物はカビやホコリが至るところに発生し、それが建物を傷める原因となります。また、老朽化した屋根や柱から雨漏りしてシロアリ被害が発生すれば、建物の躯体に悪影響が起こることも考えられます。このような劣化が進めば、資産価値も下がります。

空き家を放置すると固定資産税が6倍に?!

空き家を放置すると固定資産税が6倍に?!

2015年に施行された「空き家対策特別措置法」とは、空き家の放置が大変危険であることから定められた法律です。そのまま放置していると倒壊の恐れや衛生上有害となる恐れがあり、適切な管理が行われておらず安全性が保てない可能性があると判断された空き家は、「特定空き家」と指定されます。行政から指定された「特定空き家」は、改善しなければ固定資産税が6倍もの高い税率で課されます。

特定空き家とは

国土交通省では、「特定空き家」とは建築物またはこれに附属する工作物のことであり、居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの、およびその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む)のことだと定義しています。また、以下の状態にあると「特定空き家」だと認めています。
1.倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
2.著しく衛生上有害となるおそれのある状態
3.適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
4.その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にある空き家

空き家や空き地の有効活用

空き家や空き地の有効活用

放置したままの空き家や空き地があるなら、ぜひ有効な資産として活かすことをご検討ください。空き家や空き地を有効活用する方法はさまざまです。

売却して現金化する 空き家や空き地は、所有しているだけで毎年固定資産税が発生しています。売却し現金化することで、ランニングコストが抑えられます。
賃貸に出して、収益を得る 空き家を賃貸物件として貸し出したり、空き地を駐車場として貸し出したりする方法です。空き家・空き地を賃貸に出すことで、定期的な収入が見込めます。
適切に管理して価値を守る 空き家を適切に管理して劣化・老朽化を防ぎ、資産価値を守る方法です。ご自身での管理が難しければ、不動産会社に管理を依頼する方法もあります。

PICK UP! 空き家・空き地のことならAKHOMEにお任せください

PICK UP! 空き家・空き地のことならAKHOMEにお任せください

弊社では、空き家・空き地の活用方法のご相談やアドバイス、不動産売却や賃貸経営の際のお手続きのサポートなど幅広く対応しています。お客様のお考えや想い、置かれている状況などをしっかりお伺いした上で、お客様の満足を最優先に考えたご提案をお約束します。

また、弊社は司法書士、弁護士、税理士、行政書士、土地家屋調査士などの専門家と密なネットワークを形成しており、相続・登記・税金に関する専門的なご相談・お手続きのサポートも対応可能です。お客様に合わせたサポートをさせていただきますので、どのようなご相談でもお気軽にどうぞ。