AKHOME

point査定評価のポイント

できるだけ高値で売却するために

大切な資産である不動産を「できるだけ高く売却したい!」とお考えになるのは当然のことです。できるだけ高く売却するためには、
不動産の価値基準について知っておき、場合によっては売却する不動産の価値を高める必要があります。

こちらのページでは、福津市にて不動産売却・買取を行う株式会社AKHOMEが、
不動産査定の基礎知識と査定評価を高めるためのポイントについて解説します。不動産売買をご検討の方は、ぜひご参考にしてください。

不動産査定とは?

不動産査定とは?

実際に売却活動を行ったときにどのくらいの価額で売れるかという不動産の価値を知るために行うのが、不動産査定です。多くの不動産会社では、無料で査定の依頼を引き受けていますので、所有する不動産の価値を知りたい場合には依頼してみるといいでしょう。

不動産査定の種類

不動産査定には大きく2つの種類があり、ご依頼者が選ぶことができます。「早く査定額を知りたい」「大まかな査定額を知りたい」場合には簡易査定、「正確な査定額を知りたい」場合には訪問査定を選択するとよいでしょう。

簡易査定(机上査定)

簡易査定(机上査定)

簡易査定とは、現場に訪問せず不動産の立地や土地の大きさ、マンションの場合は階数や方角などを確認し、相場や市場動向をもとにおおよその金額を算出する方法です。机上のみで行う査定であることから、机上査定とも呼ばれます。実際の現場は確認していないため、正確な査定額を出すことが難しいですが、おおよその査定額を知ることはできます。売却するか検討している段階である場合に向いており、依頼当日~翌日には結果がわかるのが特徴です。

訪問査定(詳細査定)

訪問査定(詳細査定)

訪問査定は、簡易査定と同様に不動産の立地や土地の大きさ、マンションの場合は階数や方角などを確認した後、現地に足を運び建物の劣化具合や付帯設備の状況、周辺環境などを細かく調査した上で、相場や市場動向をもとに正確な査定額を算出する方法です。詳細査定とも呼ばれます。簡易査定と比べてより精度の高い査定ができますが、1週間ほど時間がかかります。不動産会社と媒介契約を結んで売却価額を決める前には、必ず訪問査定を行います。

査定で高評価となるポイント

査定で高評価となるポイント

実は不動産査定には、高い評価につながるポイントがいくつかあります。以下をチェックして、所有する不動産の評価ポイントを押さえておきましょう。

周辺環境 駅近の物件や、近くに学校や病院、商業施設がある物件は周辺環境が整っており高く評価されます。
日当たり 南向き、ひな壇の土地など日当たりのよい物件は高評価となります。
土地の方位 南面道路に接する土地は高評価となり、北面道路に接する土地は評価が下がることがあります。また、周囲を建物に囲まれた土地より角地のほうが評価されます。
土地の形 長方形に区画された土地が高評価となり、変形地や狭小地は建物の設計の際に制限が生じるため、評価が下がります。
間口や幅員 家を建築することから考えると、4m以上幅員がある道路に面している土地は高評価になります。さらに、5~6mの道路に面しているとより高評価になります。
状態 不要な物や廃棄物が残っていると評価は下がります。
社会的な状況 増税予定があるなど、社会的な要因により市場相場は変動します。購入を急ぐ買い手が増えると、より高い価額で取引が行われます。

査定価額をアップさせるには?

査定価格をアップさせるには?

所有する不動産に、あまり評価できる点がなかったとしてもまだあきらめることはありません。なぜならちょっとした工夫や心がけによって、査定評価をアップさせることができるからです。査定を行う担当者や買主様に魅力的な不動産だと思ってもらえるように、物件の状態を整えておきましょう。

消臭 住んでいると気づきにくいものですが、生活臭やペット臭などの不快な臭いは買主様に嫌な印象を与えてしまいます。不快な臭いは査定評価を下げるポイントにもなりますので、消臭対策をしておきましょう。場合によっては業者に依頼するのも手です。
水回りの美しさ トイレやキッチン、お風呂などの水回りは、特に清潔感が重要です。水垢やカビ汚れなどを除去し、清潔な状態を保ちましょう。
掃除・整理整頓 目につきやすい場所はキレイに掃除し、窓を磨いておくことで、清潔できれいに見せることができ、高評価につながります。また、実際に住んだ時のイメージを持ちやすいように、インテリアは置いた状態にしておくとよいでしょう。

PICK UP! 条件が悪くともあきらめない!

PICK UP! 条件が悪くともあきらめない!

一見、ウィークポイントばかりの不動産だとしても、考え方次第で魅力的に見せることができます。

例えば、北側に道路が面している土地の場合、北側が玄関になりますが、日差しが降り注ぐ南側に庭やテラスを置くことができ、「日当たりのより庭やテラスが作れます」というアピールができます。北向きの玄関であっても、吹き抜けや天窓を設置することで、採光をよくすることが可能です。

また、道路に面していない土地は一見不便に思えますが、プライバシーが守られ静かな環境を確保できるというメリットがあります。傾斜地も基礎工事費は割高にはありますが、眺望のよい住まいを建てられるというメリットがあります。

このように一般的に査定が低くなってしまうようなポイントも、考え方次第でアピールポイントになります。ですから、たとえ条件の悪い不動産であってもあきらめることはありません。まずは弊社までご相談ください。査定の評価が上がるよう、一緒に不動産のアピールポイントを考えていきましょう。